補償・慰謝料について

交通事故に合ったら、痛みがなくてもすぐご相談ください。

交通事故に対する慰謝料とは、交通事故による心や身体の苦痛に対する損害賠償金をいいます。交通事故治療では、自賠責保険や任意保険を利用して通院した場合には治療費・文書料・交通費・休業補償費及び慰謝料が支払われるので患者様は窓口負担はありません。

また、これまで健康保険を使って治療していた方は、そのまま並行した治療をすることも可能です。

事故直後、全然痛みなく過ごせたが、いきなり発症したり、後遺症があるケースがあります。 お子様専用の治療法もございますので、お子様が何も言わない場合でも、事故後はすぐご相談ください。

被害者1名につき最大4000万円(要介護1級)。

後遺障害による損害は、障害の程度(等級)に応じて逸失利益及び慰謝料・その他が支払われます。

被害者1名につき、最大3000万円

死亡に対しての補償は、葬儀費用・逸失利益・被害者及び遺族に対して慰謝料が支払われます。

自賠責保険や任意保険が適用されないケースとは

  • ・被害車両が赤信号無視したことによる事故
  • ・被害車両がセンターラインを越えたことによる事故
  • ・被害車両が追突して事故を発生させた

以上のケースは、相手車両の自賠責保険の支払対象とはなりません。

交通事故の補償・慰謝料

治療費

応急手当費診察料、入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、転院費、入院費etc…

※接骨院・鍼灸院での治療もここに含まれます。

交通費

通院に際しての交通費も支払われます。

※公共交通機関かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代etc…

休業損害費

自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

1.給与所得者
過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)
2.パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)
3.事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。
4.家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

慰謝料

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、1日4,200円が支払われます。慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

治療期間…治療開始日から治療終了日までの日数

実治療日数…実際に治療を行った日数

「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。(上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と接骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から見ても、整骨院にかかる事をお勧めします。)妊婦が胎児を死産又は流産した場合は、上記のほかに慰謝料が認められます。

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。

メールでもお問い合わせいただけます!

水、祝祭日
土日も診療しています!
09:00 - 12:30
15:00 - 20:00