なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 首の痛みの原因は?


東京オリンピック、夏の大型連休も終わり、通常の日常が戻ってきました。世間では新型コロナ禍ですが、感染予防が最も大切なのはこれまでにもわかっています。ワクチンを受けた後にも感染はします。
マスク・手洗い・うがいは継続して感染予防しましょう。

もちろん、当院でも手指のアルコール消毒やマスクのお願い、また我々職員のマスク・マウスガードも引き続き継続して安全な環境で治療を受けていただけます。安心してご来院ください。

ところで、むち打ちで首や背中の痛みに悩んでいる方は多いと思います。
人によっては、夜寝ていられないとか、後ろを振り向けないとか、うがいが出来ないとかいう方もいます。

首が痛いのだから当たり前、と思っている方は多いし実際に診察したお医者さんにも「首の捻挫」と言われればそう思いがちです。そのため、痛み止めを処方されたり、シップを出されたり。それでもなかなか痛みが取れず、リハビリ室で首の牽引(けんいん)をしてみたりします。

もちろんそれで改善するケースもあるでしょう。でも動きは改善しましたか?後ろに反れますか?振り返ることはできますか?

それこそが症状改善のカギとなります。どういうことかというと、後ろを振り返ったり後ろに反らせる動作は首、いわゆる頸椎だけの運動ではありません。背部の筋や背骨の動きも含めて首の動きなのです。

言い換えれば、腰や背部が動かなければ首も動きません。
なので、首の治療をする場合には腰や背中の治療も同時進行が必須となります。

驚くことに、腰や背中を治療したその日から後ろを振り返ったり反らせることが出来るようになります。しかも不定愁訴と言われる片頭痛や肩こりも同時に改善します。

これには理由があります。人の背中には上から7本の頸椎・12本の胸椎・5本の腰椎がつながって合計24本で背骨となります。なので首も背中も腰もつながる背骨の一部、と考えれば首も腰も同時に怪我をするということは容易に考えられます。

そしてこれが大切なのですが、首の治療だけで終わらせてしまうと、近い将来に再発する可能性がかなり高い、ということです。むち打ちは首だけの症状ではありません。背骨の症状だということを認識して治療してもらいましょう。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp