なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 偏頭痛を繰り返す方は必見。自分で完治させる方法。


じめじめとした梅雨の季節になりました。暑ければ『猛暑』、雨が降れば
『豪雨』。ちょうど良い具合に天気を調節できれば良いのに、こればかりはなかなか思うようになりません。
  この季節、特にむち打ち症状の方や、神経症状の方は辛い季節でもありますが、
偏頭痛にお悩みの方に、薬を飲まずとも自分でも治せる頭痛の治し方をご説明したいと思いますので、ぜひお試し下さい。

 まず、知っていていただきたいのは脳腫瘍や脳血管の異常によるものであるならば決して我慢をせずに、一度、脳神経外科なり所定の医療機関にかかることを躊躇わないで下さい。

 そして通常の頭痛は「頭を覆う筋肉」によるものなので、薬で痛みを止めても必ず再発する、ということです。
つまり、痛みを麻痺させているだけで根本原因を治せていない為に再発しているということを知らなければいけません。

 それでは、頭痛の治し方をやっていきましょう。

まず、痛みを感じている側を確認します。頭部の右側なのか左側なのか。
あるいは両方かもしれませんね。
 その痛みを感じている側の耳の後ろ、耳たぶの裏あたりに下に向かって膨らんでいる骨を見つけてください。

 次に人差し指でそのふくらみの下に伸びる筋状の固いものを押して痛みを確認します。
 その痛みのある筋を先ほどの人差し指と親指で軽く摘みます。
 それを、やさしく前後に揺すってみてください。回数は特に決まりはないですが、あまり強くせずに気持ちよい程度に続けて行なってください。

この固さは実は、「頭を覆っている筋肉」を緊張させる原因の筋肉です。

始めは強さや程度がわからないかも知れませんが、それでもそのまま、しばらく続けていれば、次第に痛みが和らいでくると思います。

この固さは首の緊張から発生しています。ずっとパソコン画面を見続けていたり、本を読み続けていたり、あるいは不自然な姿勢で寝ていたりして首が動かないように固定することでこのような固さになります。

それに伴う背墓の張りや肩の凝りなども原因にはなりますが、とりあえずこの方法でその場で痛みは解決すると思います。

もう少し詳しく治療してみたい方はいつでも当院にお越し下さい。

もちろん、むち打ち症でなくても大丈夫です。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp