なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 初期の痛み治療には欠かせないことがあります


 台風24号は各地に大変な被害を出しましたが、今週になってようやく晴れ間が出てきました。
 もっともすぐに25号が同じルートで再度、日本列島に上陸するかも、しれないのでみなさん、用心しましょうね。

 

 実は当院の外壁に付いている「袖看板」が、強風により外れて大変な目に逢いました。通常のハシゴや脚立では到底届かず、業者さんにも連絡が付かない状態なので最後の頼みの綱、
「消防署」に連絡して助けて頂きました。高所作業車で来てもらい、特殊なロープで押さえてもらって何とか事なきを得ましたが、いざという時には自分で処理しないでレスキュー隊員の方にお願いしましょう。

 

素人が手を出してハシゴから落下などの二次災害を防ぐことにもなります。みなさんも覚えておいて下さいね。

 

さて、交通事故の方に限らずなのですが、受傷直後の場合には体の至る所が痛みます。
 初期には炎症が発生するからなのですが、病院などではシップや痛み止めを処方されますが、それよりも確実にしかも早く、炎症を抑える方法があります。

 

それは「アイシングicing」
、つまり、氷など冷却効果のあるもので患部を冷やすことです。
 特に受傷まもなくの間は炎症が強すぎて寝ていられないとか、身体を起こしていることが辛いなどで困ることが多いです。

 

そんな時には、熱冷ましに使う「アイスノン」を患部に当ててみてください。

 

当て方としては15分を20分間隔で空けながら四~五回繰り返します。

 

ズキズキとした痛みが治まるので、しばらくの間は辛さから開放されるはずです。

 

加えて、当院では冷やした後で、「超音波」を当てて更に炎症を抑えます。

 

超音波には患部に発生する痛み物質「プロスタグランジン」を散らして集まりづらくする性質があります。

 

薬もシップも使いすぎると胃腸障害を引き起こすことにもつながりますので、この方法が一番だと思います。

 

もちろん、強い痛みが続く内には頚部の牽引なんてもっての外です。

 

安静にして、1週間過ごしてください。これが一番早く楽になる方法です。

 

今、これを読んでいるあなたが辛いのなら早速試してください。
今夜にも寝られるはずですよ。
 

 

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp