なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 指先の痺れは首が原因?


皆さん、いかがお過ごしですか?

今年の夏は、海に入ってもプールに入っても『熱中症』になってしまうという、これまで経験したことのない猛烈な暑さです。

 日中は不必要な外出は避けて、お買い物などは出来るだけ夕方以降にしたほうが良いかと思います。

そうとはいっても、痛みがあれば医療機関には通わなければいけないし、我々接骨院にも多くの方がいらっしゃっています。みなさまは、くれぐれも直射日光を避けられるような日傘やぼうし、出来るだけ日陰を通ったりして気をつけてお越しくださいね。

 むち打ち症の患者さんには、指先の痺れを訴える方が多いです。最初に整形外科にかかられてから来院していただくのですが、大抵は首の神経の4番目から5番目や6番目がむち打ちで痛んだから、といわれるようです。

 解剖学上では間違ってはいません。

わたしも、以前勤めていた病院や診療所でもこれまで様々なリハビリを見てきました。
首の牽引、リリカやメチコバールなど神経への処方、マッサージなどをしているようですが、どれも有効な改善策ではないようです。

実は指先の痺れの改善には、背中や胸などにある肋骨の関節が原因のことが多いのです。

もし、これを読んでいて指先の症状がある方は胸の肋骨を上から下へ順に押して確認してみてください。あるいはどなたか、家族の方にでも背中の肩甲骨の内側を上から下へ順に押して確認してみてください。

痛みのある場所があるはずです。それこそが指先の痺れの原因です。

 当然、処方されているシップもその痛みがある場所に貼る必要があります。

 実はこれはむち打ち症の方にだけ当てはまるのではなくて、頚椎症での痺れがある方にも同じことがいえます。

 先月からいらしている患者さんのお話です。

3ヶ月まえ、指の痺れと腕の痛みで整形外科にかかり、頚椎症と診断されました。リリカなどの処方と首の牽引をしていてもなかなか痛みが取れず、当院の話を聞いて受診されました。

 確認してみると胸の真ん中にはっきりとした痛みのある関節を確認できました。早速その関節を中心に治療を開始しましたが、今では指先の痺れもほぼなくなり、今では仕事にはほとんど影響なく過ごせるまでに改善しています。

解剖学上での症状と実際の臨床上の違いは明らかにあります。

 もし、あなたがどうしても治らない症状で悩んでいたら一度、当院にご相談下さい。きっとお力になれると思います。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp