なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 胸の痛みと指先の痺れの関係


先日御来院していただいた交通事故の患者さんが、

『薬指と小指に痺れがある』

と、言っています。もちろん、指先の痺れはむち打ちにはよくある症状ですが、整形外科の先生からは、

『頚椎(首の関節)の症状』といわれたそうです。

当院に起こし頂いている患者様はご存知かと思いますが、腕や指の神経症状は必ずしも首の症状ではありません。

時には、胸鎖乳突筋という首の横にある筋肉が原因のこともありますし、背中の
肩甲骨付近が原因のこともあります。
もちろん、頚椎が原因のこともありますが、そんなことはむしろまれで、ほとんどの場合は、背部の肋骨か胸部の肋骨からの痺れです。

そしてたいていの場合は胸部か背部に耐え難いほどの痛みが存在しています。

それを調整しただけで、痺れに何らかの変化が出てきます。

そのことが重要です。よく、
『いくら治療してもぜんぜん変わらない・・・』

と、悩んで転院して来る方がいますが、何度も治療をして変化がないというのは、その手技では患部に何の影響も与えなかった、という事でもあります。

初診時にジャクソン・テスト、スパーリング・テスト、アドソン・テストやライト・テストなど神経症状を調べた後、治療方針を決定しますが、これを怠ると原因が見えてこないので当院ではこれらの検査は必須です。

もし痺れが取れず、これらの検査すらしていないのなら、必ず受けてから治療を受けることをお勧めします。

むち打ちによる痺れは後遺症になりやすいです。

しっかりと治療していきましょうね。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp