なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 肩の痛みの原因


むち打ちの症状の代表格は痺れと痛みですが、

痺れや痛みは指先や腕、肩など上半身の至るところに感じます。

 

交通事故による頚部の動きを見てみると、追突直後に頚部は最初、

反動で後ろに倒れます。

その次に、勢いよく前方に倒れるのですが、頚部だけではなく、

背部の一部も一緒に倒れるためにまさに ‘むち’ のように撓り(しなり)ます。

 

 

気づかれた方もいるかと思いますが、、この‘背部’の一部というのが肩の治療にとても重要です。

 

背部、というのは、胸椎の第1~4・5辺りになります。

 

この周囲には筋肉もあるのですが、肩甲骨と肋骨もあります。

 

特に肩の治療で重要なのが第1肋骨です。

なぜならば肩の筋肉は第1肋骨の上に載っていて、なお且つ、頚椎から肩甲骨までを結ぶ唯一の骨です。

 

これを動かすのですが治療後、肩の筋肉は自分で掴めるほど緩んでいます。

 

肩が張って寝られない、という方でも、その日の夜には落ち着いて寝られるようになります。

 

肩周りが辛い方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 交通事故ロゴ3

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp