なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院三叉神経痛とむち打ち治療


季節の変わり目に辛い神経痛は特効薬はないのが現状です。

メチコバールやビタダンなどのビタミン剤とロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを処方されることが多いのですが、治ったという話は余り聞いたことがありません。

これらはむち打ち症状にも言えて、神経症状は睡眠不足なども引き起こすためデパスやセルシンなどの精神安定剤を処方されますが、大抵は数時間後には目が覚めてしまいます。

しかし、むち打ち症は病気ではありません。

もちろん顔面神経痛や三叉神経痛などは脳腫瘍や更年期障害などからも発症するので一概には言えませんが、むち打ちというのはケガです。

そのケガをした損傷部位に関わる神経は身体の中心部から外に延びていきます。

患者さんが良く口にするのが
『症状が移動する』
ということですが、正にそのことが神経が他から延びていて関節の状態によって傷害される神経やそれに関わる筋肉が痛みやシビレを感じるエビデンスとなります。

神経痛やシビレに悩んでいる方はいつでもご相談ください。

きっとお力になれると思います。

新小岩ひかる接骨院
03(5879)3542

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp