なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

辛いむち打ちによる頭痛 新小岩むち打ち治療院


むち打ち患者さんの多くが、頭痛、肩や背中の張り、手足のシビレや冷え、などです。

これらは、『不定愁訴』 とも言われますが、薬やシップをもらっても、どこに使ったらいいかをわからず困っている患者さんも多いのが現状です。

 

痛みや痺れは、神経・筋・血管の位置を無視しては良くなりません。

 

頭痛の多くは、頚部の上や付け根、背部の張りは肩甲間部、手足の痺れは膝や肘など、症状を感じている場所から離れていることがほとんどです。

 

解剖学に沿って適切なアドバイスをしています。ご相談下さい

 

気持ちのいい朝を迎えたい、早く症状を改善したいなら!

PCBA療法・AKA療法の新小岩ひかる接骨院へ

03(5879)3542

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp