なぜなに?交通事故ブログ

なぜなに?交通事故ブログ詳細

新小岩むち打ち治療院 むち打ちによる背中の張りについて


桜が咲き始めて暖かい日が増えてきましたが三寒四温、まだまだ朝晩も冷える日も多いですね。

 

関節痛に悩んでいる方にはまだまだ辛い日々が続きますよね。

特にむち打ち症の方は痺れや首、背中の張りや痛みが強くなり、辛いことと思います。

当院で行っているのは、AKA療法やIBCA療法、PCBA療法ですが(オフィシャルページ参照)、それ以外にも肩や背部の張りを取る為の理学療法や運動療法を行っています。

張りを感じているのは筋肉ですが、それを作っているのは関節です。

その関節の機能が失われているのが 『機能障害』 です。

動くべき関節の可動域が足りない為、筋肉が引っ張られてしまうのです。

もちろん、ストレッチは有効です。正しく行えばかなり楽になると思います 。それには関節を正しく知っておく必要があります。

球関節、蝶番関節、鞍関節、車軸関節、楕円関節、平面関節などそれぞれ可動方向や可動域が違います。

正しく関節を理解することが、運動療法を行う場合必要です。

当院では、関節解剖学に沿って治療を行っています。正しい治療を必要な方はお気軽にどうぞ。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp