最新!医療情報

最新!医療情報詳細

外出自粛で歩けなくなって困ったときは?


新型コロナ禍で自粛をしていて、特に高齢者の方は足腰が弱って困っている方が多数見られます。

実際、これまで自立歩行できていた方が歩行困難になり、歩行器や車いすでの移動に頼ることになった方もいるようです。

そんな時には、「お尻を鍛える」必要があります。足ではなくお尻、つまり臀筋群です。

臀筋は起立位を保つ、あるいは歩行時の保持です。

やり方はそれぞれですが、一番わかりやすいのは「お尻に力を入れる運動」です。

・うつ伏せ状態で、膝を曲げずに太腿を持ち上げて下さい。
これを10回程度。
・横向きになって今度は膝を90度に曲げて閉じたり開いたり。
これを20回程度。
・あおむけになってベッドの上をすべれ瀬永ら膝を曲げ伸ばし。
これを20回。

全部合わせても5分程度ですが、これを2週間続けてみて下さい。

もちろんこれだけで普通歩行ができるようにはなりませんが、失われた筋肉の下地くらいはできます。

歩行訓練はそれから徐々に行いましょう。

今現在、歩けないからと言って無理に歩いてはいけません。転倒して怪我をするのがオチです。一年以上かけて失われた筋力です。焦りは禁物。3カ月を目安に続けましょう。

きっと一助になりますよ。

交通事故治療は
新小岩ひかる接骨院
夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00
水祭 休み
03(5879)3542
一般のホームページはこちら→ http://www.hikaru-sekkotsu.jp